浅田彰はこう語った?
ひとびとが分析的知性と呼んでいるものがあるが、浅田彰にとってそれはこの上なく溌剌とした楽しみの源泉であり、錯綜した事物の解明において超自然的とさえ映ずるような鋭利さを示す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
浅田彰と宮台真司の微妙な関係
80年代に有名になった浅田彰と90年代に有名になった宮台真司のどちらが本当に偉いのかということは、少なからぬ人々の関心を呼んできた。

宮台真司は、自身のインタビュー集である新刊「宮台真司interviews」のなかでも何度か浅田彰についてのコメントを求められている。


この本で、宮台真司の貴重な浅田彰批判を読むことができるのだが、それはすでに一般に言われていることを反復しているようなところもあり、過激さにはかける。

また、ネット上でも「宮台真司のこれも答えですよ!」などですこし浅田彰についてコメントしているが、褒めるでも貶すでもないような内容になっている。このように二人は甘噛みしあうような関係だった。

そんな中でマスコミを騒がせたのは2000年の「噂の真相」4月号の浅田彰・田中康夫・中森明夫による鼎談「90年代の論壇・文壇状況の検証!!“身の程を知らない文化人”を斬る!」だった。ここでさまざまな文化人とともに斬られた宮台真司が、それに対しネット上ですばやくレスポンスして、この件はさらに注目を集めることになり、宅八郎のサイトの「中森明夫が生き恥をさらした日!!」など、さまざまなところで言及された。

残念ながらその宮台真司のレスポンスは現在では読むことができないようだ。休刊になった「噂の真相」のサイト「ポスト噂の真相」の「本誌4月号特別鼎談に宮台真司が反論!」やその他の掲示板でいくらかそれが引用されている文章が残っているだけだ。だがもともとそのレスポンスも、冷静に浅田彰の発言を肯定した上で社会学について解説するというかなり穏便なものだった。

浅田彰の宮台真司批判はその後も繰り返された。「GQJapan」誌の田中康夫との対談「新・憂国呆談」で浅田彰はかなり熱心に社会学や宮台真司の批判を行っている。これは「新・憂国呆談―神戸から長野へ」に収められた。


それから数年後、長野県知事に納まっていろいろ物議をかもしながらも県政に尽力する田中康夫のところに訪れた宮台真司は、田中康夫こそ真の保守だと伝えた。この言葉を気に入った田中康夫が「続・憂国呆談」の場でいささか興奮気味に語るのに対し、浅田彰は無難な相槌を打つにとどめた。この様子は「連載 第三十回「続・憂国呆談」番外編Webスペシャル モノローグの時代?」で読むことができる。



浅田彰と宮台真司との接触は、2005年11月に「ニッポン解散 続・憂国呆談」と「限界の思考」の出版記念イベントとして続・憂国呆談に宮台真司がゲスト参加する公開鼎談というかたちで実現し、その様子が「不安から自律へ【完全版】」にようやくアップロードされたので追記しておこう。





浅田彰と宮台真司との二度目の接触が2006年6月10日に行われたICCのシンポジウム「第一回「ネットワーク社会の文化と創造—開かれたコミュニケーションのために」」で実現し、動画がアップロードされたので追記しておこう。斎藤環と藤幡正樹も参加して会場を盛り上げた。宮台真司が浅田彰や斎藤環を挑発する場面もあったが、おおむねスムーズに進行した。





哲学・思想ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログランキングから来ました
面白いタイトル(『ツァラトゥストラ』のパロディかな?)に惹かれてしまった。内容も楽しそう…と思ったら、今年2月に4件の投稿があるのみですねぇ。僕が読みたいからもっとガンガン書けーっ!よろしくお願いします。
2005/06/16(木) 14:32:21 | URL | MEMOMAX #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aquirax.blog3.fc2.com/tb.php/4-3f221744
この記事へのトラックバック
蟲穴を出づる日近く堪へみん世の呻きだに腑分け得ぬ理路故虞れ眞帆馳せて基根ざすやむしあなをいつるひちかくこらへみんよのきさしたにふわけえぬりろゆゑおそれまほはせてもとゐねさすや地蟲出つひそみつ焦土起き臥しぬ 波郷啓蟄の庭とも畠ともつかず 安住 敦二十四気の
2005/03/06(日) 15:56:43 | いろは 伊呂波 IROHA
『新・憂国呆談―神戸から長野へ』 浅田 彰 (著), 田中 康夫 (著) 「11年目の田中康夫」 田中康夫の強さとは何か
2005/04/19(火) 01:44:29 | 時事連動型書評
管理人の承認後に表示されます
2009/02/04(水) 10:31:37 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。